スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.02.23 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

自動車保険の保険料は、車両保険の有無でかなり違うよね!



自動車保険で一番悩むのが車両保険に加入するかどうか!新車・高級中古車なら、まず間違いなく加入しますが、保険料のことを考えると免責金額を大きくして、保険料を下げようと努力したりします。そもそも車両保険の基本は、車の評価額以上の保険金は、おりません!そのため安い自動車の場合、車両保険に加入しても、その恩恵を享受できないこともあるわけです。ただ車両保険に加入しておけば、『当て逃げ』も補償されたりします。ただ、エコノミーだと補償されないことが多いようです。あと、相手の確認ができなかった『当て逃げ』の場合も補償されないことがあるので、事前に確認しておきたいです。車両保険に加入して一番安い自動車保険にするなら、車両保険の免責金額をイジるしか無い感じですね。新車や高級中古車は、買ってからの維持費も大変かもしれません!

自動車保険の加入しておきたい特約とは!『もらい事故(被害事故)』に対処したい!



自動車保険の盲点の1つといえるのが、保険加入者(自分)に全く非が無い(過失が無い)場合の事故です。例えば、駐車場や赤信号などで停車している時の事故などですね。基本的に保険会社は、加入者に非が無い事故については、加害者側との示談交渉ができません!というか、しません!保険化入者に過失が無い事故は、補償してくれないわけです。まあ相手が自身の過失を認めて、損害賠償してくれればいいのですが、中には加害者なのに過失を認めなかったり、賠償する意思が無いなんてケースは意外とあります。最悪、泣き寝入りになってしまうことも・・・これに対処するには、特約に加入する必要があります。例えばソニー損保の場合、『自動車事故弁護士費用等補償特約』と呼ばれる特約で、これは弁護士費用(法律相談など)や訴訟費用などを限度額の範囲で補償する特約です。自動車保険 一括見積もりをする際には是非チェックしてみてください。管理人は、この『もらい事故(被害事故)』の被害にあったことがあったので、必ず加える特約です。特に女性の場合、泣き寝入りしないで済むように女性 自動車保険 一括見積もりする際には、気をつけてみるといいです!

1